--.--.-- --   " スポンサーサイト "

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  top

2008.12.06 Sat   " 彼らの日常 "

○約束の時間になれば電話鳴るいつものことがいつも嬉しい(中島直美)

○かたちのないものもいつかは壊れることをできればずっと知りたくなかった(立石明子)

○切れ切れの君の言葉をたどる我に回送電車の風が舞い来る(大久保聡子)

○戦争の話をするまで死ねないと祖父が言うのでわたしは聞かない(江夏祥子)

すべて「空に描いた歌」より
15年以上前の高校生たちの歌です。最近この本を読みました。
1首目日常の感覚を再発見できる歌でした。いつものことがいつも嬉しいっていいなぁ。
2首目勝手に返歌 ■でもね かたちのないものはもと以上に修復できるかもしれない(こけもも)
3首目日常再発見2、回送電車の風...なんかもの哀しいです。
4首目聞かないでください。
comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
trackback
http://kokemomotanka.blog50.fc2.com/tb.php/84-16bf7f79
pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。